多摩市民館で今年1月から開催されていたシニアの社会参加支援事業「写真で振り返る平成の多摩区と私」が本日終了し、参加者の作品が多摩市民館の1階アトリウムで20日まで展示されています。

個人のアルバムから写真を抜き出してきた方、多摩区の風景の移り変わりを記録してきた方、趣味の写真で構成した方など、人それぞれのやり方で、平成の30年間を表現しています。いわゆる写真作品ではないので、作者一人一人の人となり、そして人生が感じられるとてもいい展示になっています。

お近くにお住まいの方、近くに立ち寄られた方は、ぜひご高覧いただきたく思います。写真っていいもんだなぁ、じーんと感じるはずです。

看板です。
記念写真。講座の参加者は25名。
多摩市民館 1階 アトリウムで展示中。3月20日まで。