「表現する家族アルバム・展」

トークショー『写真で歴史を編む』細川 生朗

聴講者募集中です!

情報センター出版局時代からヒット作を連発し、「指さし会話帳」の発案者でもあり、
「ちいさな伝記」の編集にも深く関わっていただいている細川生朗さんに、
家族アルバムで紡ぐ家族の歴史についてお話をうかがいます。

「家族アルバムから写真を選んで写真集を作る」というと、自分の好みで写真を選び、時系列に写真を並べ、テンプレートの上に写真を貼り付けていけばいいんじゃない? と思われる方は多いでしょう。最近は便利なアプリやwebサービスも増え、比較的簡単に写真集ができることは確かです。

でも、その写真集で、誰に何を伝えるか? 両親、兄弟、それぞれのバランスをどうとるか? といったことを考え始めると、途端に難しくなります。どの写真を選んだらよいのか? どの順番で並べたらよいのか? どの写真を大きく、どの写真は小さくすべきなのかなどといった難題か立ちはだかってきます。

写真の選び方、並べ方だけで、それぞれの写真の意味が違って見える。家族それぞの関係性も違って見える。家族の歴史そのもののあり方が変わって見える。普段私たちは気にすることのない「編集作業」こそが、大きな意味を持つことを多くの方々に知っていただきたいです。そして実は、「編集」を進めるプロセスに家族が関わることで、家族の関係性が新しい一歩を踏み出すことすらあるのです。

案内人は細川生朗さん。30年余りの編集経験をもち、いくつもの単行本でヒット作を連発、さらにはご自身の「ちいさな伝記」を編纂した経験を元に、家族アルバムから写真集を編むためのヒントを伺います。

日時;11月20日(水) 午後6時30分~

場所;写真道場(『表現する家族アルバム・展』会場)

参加費;500円 (ワンドリンク付き)

人数; 最大20名

予約優先です。下記フォームまたは、電話(044-433-7212)でご予約ください。

 

 

ちいさな伝記編集者 細川生朗 (ほそかわ せいろう) プロフィール

情報センター出版局、⽂春ネスコを経て、フリーランス編集者。
『笑う出産(まついなつき)』『精神科に⾏こう!(⼤原広軌)』など、ヒット作多数。
発案した『旅の指さし会話帳』シリーズは100タイトル以上のラインナップを持ち、82カ国、510万部を超える。

電⼦書籍アプリの開発実績多数。

参加希望の方はこちらからご予約ください。

お名前 (必須)

ふりがな

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

題名 (選択)
1.『葬儀写真集の時代』山田慎也2.『明治の家族アルバム』井桜直美3.『写真で歴史を編む』細川生朗4.『アルバム写真複製ノウハウ』久門 易

お問い合わせ (右下の角を動かせば広げられます)