アルバムや写真の処分について

家族アルバムや写真を整理して、「これは残す」とした物以外は、最終的には「廃棄処分」になります。 ところが、親族や友人や、あるいは人に見られたくない写真の数々は、そのまま捨てるには抵抗があります。 気持ちとしてどうしてもやりきれない場合は、神社などでの「お炊き上げ」を利用することもあるそうですが、それ以前に個人情報的な問題も気になるところ。 一枚ずつ分かている写真プリントやフィルムであれば、シ...
もっと見る

ワタナベ・カメラ・サービス

世界中のあらゆる機械式カメラを修理する『ワタナベ・カメラ・サービス』 会社概要 1961年、京橋3丁目に開業し、3年後に銀座へ移る。ハッセル、リンホフ、ライカ、ローライなどの他、ありとあらゆる機械式カメラの修理専門店である。かつては木村伊兵衛、土門拳、林忠彦など、錚々たる写真家のカメラのメンテナンスを手がけていたことも。最近では、新聞社や通信社、広告写真業界の機材よりも、クラシックカメラマニ...
もっと見る

ツァイト・フォト・サロン

オリジナルプリントをディーリングする写真ギャラリーの先駆「ツァイト・フォト」 会社概要 1978年、オリジナルプリントを購入、展示、販売する国内初の写真ギャラリーとして創立。つくば写真美術館'85「パリ・ニューヨーク・東京1885~1984」展を主催。後、「オリエンタリズムの絵画と写真」展、「自然を愛した芸術家たち」展、「写真のエコール・ド・パリ」展を共催するなど、オリジナルプリントの芸術的...
もっと見る

ザ・プリンツ

モノクロプリントを自在に奏でる個人ラボ「ザ・プリンツ」 会社概要 1983年にモノクロ専門ラボとしてスタート。法人化は1990年。ここで制作されるハイクォリティなプリントは、広告宣伝や写真集の印刷原稿として、そして美術館やギャラリーのコレクションとして、さらには写真展やポートフォリオ用のオリジナルプリントとなる。著名な写真家が個人的に発注することも多く、そのほとんどは営業活動や宣伝によるもの...
もっと見る

ワイズクリエイト

大中判カメラを通して人と人の出会いを創造する『ワイズクリエイト』 会社概要 創業してから未だ8カ月(取材時)。従業員は木戸氏を含めて3人。一言でいうなら大中版カメラ専門ショップとなるが、カメラやレンズなどのハードウェアの販売に止まらず、プロとアマチュア、カメラマンとクライアント、製造業者とユーザーといった、さまざまな人々の出会いをコーディネートすることで、大中判写真の深い魅力を広めることを目...
もっと見る

写真プリントの電子化をして気づいたこと

重い腰を上げて 写真スタジオのサンプル写真がたまりにたまり、収納しているA4クリアファイルだけで本棚は一杯。とにかく量があるせいで使い勝手も悪く、やっと重い腰を上げて電子化することと相成り候。 スペース問題が一番大きく、それと同時にさくさくお客さんにみてもらえるようにするのが目的です。元の写真プリントはA4サイズの一種類だけ。16冊のファイルに種類別に分類できていましたので、既に「整理」はでき...
もっと見る