新着ブログ

ブログ一覧はこちら
遺影・考12- 「祭壇写真」のはじまり
+

遺影・考12- 「祭壇写真」のはじまり

 前回紹介した葬儀写真集は時系列に従って葬儀を写真で記録したもので、それぞれの写真にはキャプションが添えられています。これが時代を下ると、肖像写真からキャプションが消え、説明がなくなっていきます。この...
もっと詳しく
遺影・考11- 「葬儀写真集」の時代
+

遺影・考11- 「葬儀写真集」の時代

 明治から大正~昭和へと時代が移ってく過程で、葬列中心の葬儀が少なくなり、祭壇中心の葬儀に変わっていきます。これと同時に写真の普及も進み、葬列の過程を記録するための絵巻物は、次第に写真集に置き換わって...
もっと詳しく
遺影・考10- 肖像写真が「死」と結びつく-日清・日露戦争
+

遺影・考10- 肖像写真が「死」と結びつく-日清・日露戦争

 承前。ちょっと歴史の復習から。  明治元年---戊辰戦争(新政府側の戦死者3550人・旧幕府側の戦死者4690人)  明治4年---戸籍法  明治6年---火葬禁止令  明治8年---火...
もっと詳しく
遺影・考9- 絵でできた肖像写真-明治天皇の御真影
+

遺影・考9- 絵でできた肖像写真-明治天皇の御真影

 承前。今回は、明治天皇の御真影の話ですが、当時の写真技術の話から。  1871(明治4)年、イギリスのマードックによって乾板写真が発明されます。湿板と同じようにガラスに感光材料を塗りますが、乾...
もっと詳しく
遺影・考8- 写真館の始まりと肖像写真の普及
+

遺影・考8- 写真館の始まりと肖像写真の普及

 承前。  写真の技術が一点もののダゲレオタイプから、複製可能(ネガ-ポジ方式)な湿板写真になって、写真はビジネスとして成立・普及していきます。風景などを撮影し、記録とて使うようなことも行われ始...
もっと詳しく
遺影・考7-  写真の黎明期と肖像写真
+

遺影・考7-  写真の黎明期と肖像写真

 しばらく写真の歴史を。  今を遡ること178年前。江戸時代後期の1839(天保10)年、フランスのルイ・ジャック・マンデ・ダゲールの発明したダレオタイプと呼ばれる実用的な写真術が、フランス学士...
もっと詳しく
遺影・考6-  メモ『人口の心理学』から
+

遺影・考6-  メモ『人口の心理学』から

『人口の心理学-小史恒例社会の生命と心』 柏木惠子/高橋惠子 ちとせプレス から、気になる部分を。 遠野地方の供養絵額(77ページ~) (前略) 『死霊は個性を失い、祖霊という集合体に融合・...
もっと詳しく
遺影・考5-  そもそも「遺影」ってなんだ?
+

遺影・考5-  そもそも「遺影」ってなんだ?

 そういえば、こんな記事『駅前写真館の冒険10.「遺影」を考える』を書いていたことを思い出しまして。  1999年、コニカが主催していた写真クラブの機関紙『フォトコニカ』での連載企画です。ちょうどこ...
もっと詳しく
毎日新聞 くらしナビの『身じまい練習帳』で取り上げていただけました。
+

毎日新聞 くらしナビの『身じまい練習帳』で取り上げていただけました。

毎日新聞 3月5日のくらしナビ、社会部編集委員・滝野隆浩さんの連載『身じまい練習帳』で、日本葬送学会での「肖像の変遷からみる「遺影」の役割」と「ちいさな伝記」について紹介していただけました。同じページ...
もっと詳しく
遺影・考4- 「供養絵額(奉納画)」と「ムサカリ絵馬」
+

遺影・考4- 「供養絵額(奉納画)」と「ムサカリ絵馬」

 昨年、国立民族歴史博物館の山田慎也さんに、供養絵額(奉納画)のことを教えていただきました。  供養絵額(奉納画)とは、江戸時代から明治時代にかけて岩手県の遠野周辺で、戦死や産褥など不遇の死を遂...
もっと詳しく
サイトをSSL対応にしました。
+

サイトをSSL対応にしました。

当サイトをSSL対応にしました。 SSLとは、Secure Sockets Layerの略で、「SSLを利用すると、通信される情報を暗号化します。万が一情報の送受信中に情報を見られても暗号化によ...
もっと詳しく
遺影・考3- 「死絵(しにえ)」について
+

遺影・考3- 「死絵(しにえ)」について

例えば、これらの記事に、遺影と「死絵」の関係が記されています。 「変わりゆく遺影―絵から写真に、そしてまた「絵」に」 「遺影写真の歴史と変化」 総じて、現在の「遺影」の起源が「死絵」にあるの...
もっと詳しく
遺影・考2- 2000年前の遺影?
+

遺影・考2- 2000年前の遺影?

※本稿は2017年9月3日の投稿を加筆修整したものです。 2017年8月に東京ビッグサイトで開催された「エンディング産業展」は、テレビの報道番組やワイドショーでもそこそことりあげられ、いわゆる「...
もっと詳しく
遺影・考  1-現状は?
+

遺影・考 1-現状は?

ネット情報ですが、こんなのがあります。 『安心と信頼のある「ライフエンディング・ステージ」の創出に向けた普及啓発に関する研究会報告書』 平成24年4月に経済産業省商務情報政策局サービス政策課サービ...
もっと詳しく
遺影・考(はじめに)
+

遺影・考(はじめに)

先日、日本葬送文化学会で『肖像の変遷からみる「遺影」の役割』について発表したのですが、やらた緊張するわ、時間は足りないわで、ぜんぜんだったわけです。学会の先生方に教えを乞い、一応論文といえる体裁を整え...
もっと詳しく
日本葬送文化学会で発表してきました。
+

日本葬送文化学会で発表してきました。

いやあ、めっちゃ緊張しましたよ。 時間不足で、最後は駆け足だったし、猛省・・。 写真は米山さん撮影です。 この冊子に掲載されています。
もっと詳しく
中国(北京周辺)-葬送事情(終)
+

中国(北京周辺)-葬送事情(終)

承前。 最終回は葬儀とは関係なく、北京周辺の写真です。 お楽しみあれ。 前向きの小さな一歩は、文明の大きな一歩! ハーゲンダッツじゃないよ。 北京ダッ...
もっと詳しく
中国(北京周辺)-葬送事情(13)
+

中国(北京周辺)-葬送事情(13)

承前。 霊園見学は前回で終わり、最後に「北京社会管理職業学院」に行きました。 ここは、葬儀関連のあれこれについて学ぶ学校だそうです。 学部は七つあるそうで、その一つ殯儀系の葬祭部門を見せてい...
もっと詳しく
中国(北京周辺)-葬送事情(12)
+

中国(北京周辺)-葬送事情(12)

承前。 「天寿陵園」の墓石などを見ていきます。 この霊園は「経営制」つまり民営です。このためもあってか、その広大さはいうに及ばず、Webサイトがあったり、一つ一つの墓石のデザインの自由度が高い...
もっと詳しく
中国(北京周辺)-葬送事情(11)
+

中国(北京周辺)-葬送事情(11)

承前。 「八達嶺陵園」を出、万里の長城を横目に見ながら、「天寿陵園」に向かいます。小一時間くらいでしたか。 到着したところは、ぱっと見た目に、故宮。 手前に川、奥に山を望み、東西南北を合...
もっと詳しく
中国(北京周辺)-葬送事情(10)
+

中国(北京周辺)-葬送事情(10)

承前。 日本でも、従来通りのお墓の形式に捕らわれない葬儀や納骨の方法が模索されています。 これは中国も同じようで、ここでは「花葬」「芝生葬」「壁葬」「海洋的礼装」と呼ばれるいわゆる墓石を使...
もっと詳しく
中国(北京周辺)-葬送事情(9)
+

中国(北京周辺)-葬送事情(9)

承前。 今回は「八達嶺陵園」のVIPなお墓特集です。 いや、これ銅像だろ? という感慨もひとしおなんですが、中国のお金持ちはこういうところに払うお金にも糸目をつけないんですねぇ。こういう文...
もっと詳しく
中国(北京周辺)-葬送事情(8)
+

中国(北京周辺)-葬送事情(8)

承前。 「八達嶺陵園」の墓地内に入っていきます。 今回は、主に墓石に使われている「写真」を見ていきます。 中国では、夫婦墓もしくは個人墓で、現世の名前と生年・没年、そして墓を立てた人の続...
もっと詳しく
中国(北京周辺)-葬送事情(7)
+

中国(北京周辺)-葬送事情(7)

承前。 北京のホテルを出て、「八達嶺陵園」へ向かいます。 八達嶺といえば八達嶺長城が有名らしくこちら。八達嶺陵園の場所はこのあたり。 八達嶺長城からわかるよう、万里の長城の観光スポットの...
もっと詳しく
中国(北京周辺)-葬送事情(6)
+

中国(北京周辺)-葬送事情(6)

承前。 「涿州市殯管所」見学を終えたのは夜も更けた時刻で、これから北京のホテルまで戻るわけですが、その途中で、会食ができるレストランに立ち寄りました。田舎のレストランとしては一般的なタイプらしい...
もっと詳しく
中国(北京周辺)-葬送事情(5)
+

中国(北京周辺)-葬送事情(5)

承前。 「涿州市殯管所」です。 火葬施設だけでなく、式場や納骨堂、墓地もあります。 現代の中国(北京周辺のデータかもしれまんせん)では、火葬率60%だそうです。まだまだ土葬が残っています...
もっと詳しく
中国(北京周辺)-葬送事情(4)
+

中国(北京周辺)-葬送事情(4)

承前。 「涿州万佛霊園」から出発し、同じ涿州氏の殯管所に行きました。今回は、その道中の様子を簡単に。 どの程度の田舎なのか? ということがなんとなく理解できるのではないかと思います。 北...
もっと詳しく
中国(北京周辺)-葬送事情(3)
+

中国(北京周辺)-葬送事情(3)

承前。 中国のお墓が日本のそれと大きく違うのは、「先祖代々の墓」、つまり『家族墓』ではないことです。 基本的に、一つのお墓には夫婦二人の遺骨が入ります。お墓の中にお骨を入れる部分を「カロー...
もっと詳しく
中国(北京周辺)-葬送事情(2)
+

中国(北京周辺)-葬送事情(2)

承前。 北京中心部から自動車で約1時間。感覚的にいうなら、50年前の日本の田舎といった風情なのですが、その一角を墓地として整備しつつあるのが、「涿州万佛霊園」です。総面積は10万平米で、東京ドー...
もっと詳しく
中国(北京周辺)-葬送事情(1)
+

中国(北京周辺)-葬送事情(1)

私(久門)は、日本葬送文化学会に入っております。この学会は、主に葬儀関連業の方々や葬送文化を研究してらっしゃる学者の方々が中心となり、日本および世界の葬送文化を研究しています。昨2016年の9月に中国...
もっと詳しく
第104回 「かわさき起業家オーディション ビジネス・アイデアシーズ市場」 での受賞について 
+

第104回 「かわさき起業家オーディション ビジネス・アイデアシーズ市場」 での受賞について 

「ちいさな伝記」のビジネスプランは、平成28年12月2日(金)に開催されました、第104回 「かわさき起業家オーディション ビジネス・アイデアシーズ市場」にて、下記3賞を受賞いたしました。詳細は...
もっと詳しく
一目でわかる写真の世界
+

一目でわかる写真の世界

 報道写真、芸術写真、記念写真、旅行写真、趣味の写真に子供の写真・・・・。  写真と一口にいってもいろいろなジャンル、被写体、目的があります。  これらの違いと位置づけを一目でわかる絵にしました。...
もっと詳しく
遺品整理サービスの会社「Relief」を訪ねました。
+

遺品整理サービスの会社「Relief」を訪ねました。

 おかたづけのプロ「Relief(リリーフ)」に伺ってきました。  主に、遺品整理を専門にしている会社で、テレビなどの取材・放送も多いので、ご存じの方もいるかもしれません。私は、今春のヒュ...
もっと詳しく
『オリンピックのころの東京』-春日昌昭先生のこと
+

『オリンピックのころの東京』-春日昌昭先生のこと

 武蔵小杉の図書館に本を返却しついでに館内をブラブラしていて、「最近のトピック」みたいなコーナーができていることに初めて気づきました。目を引いたのは、かつての「東京オリンピック」の日の丸デザイ...
もっと詳しく
家族アルバムと個人アルバム
+

家族アルバムと個人アルバム

本日8月21日(2015年)朝のフジテレビ「ノンストップ」で、若者向けの新しい写真撮影サービスが人気という話題が紹介されていました。 自分たちのデートをプロカメラマンに撮影してもうらサー...
もっと詳しく
束(つか)
+

束(つか)

本には必ず厚さがあります。 薄い本、厚い本、それぞれの厚さを「束(つか)」と呼びます。 書店で売られる本にとって、束は非常に重要な意味を持ちます。 値段相応の束がないと読者は...
もっと詳しく
旧国立競技場(360度パノラマ)の記録–セレクト–
+

旧国立競技場(360度パノラマ)の記録–セレクト–

ありし日の国立競技場を360度パノラマで撮影させていただきました。 動くパノラマはこちらをご覧ください。画面を触って天地左右がご覧いただけます。 画面下のサムネイルをクリックすると別の...
もっと詳しく
篆刻「いろはうた」
+

篆刻「いろはうた」

はんこ(篆刻)で作った「いろはうた」です。
もっと詳しく
心霊写真バスターズ
+

心霊写真バスターズ

写真の整理をしている時に、ごく稀に「心霊写真」の類に遭遇することがあります。 職業柄、私自身はこれを信じません。もともと理系育ちというのもあるかもしれません。なので、心霊写真など自分で作って遊ぶ方が...
もっと詳しく
思い出工学-野島久雄さん
+

思い出工学-野島久雄さん

野島久雄さんの「思い出作りを考える」のPDFはこちらでご覧いただけます。 野島さんのことはネット検索で見つけたのですが、「思い出工学」という研究ジャンルを提唱されていて、これがなかなかに興味深い...
もっと詳しく
和食のお店の歴史をコンパクトにまとめました
+

和食のお店の歴史をコンパクトにまとめました

お店の歴史がわかる写真をまとめさせていただきました。ちょっと古い写真でも在り処がわからずてんやわんやしました。写真をレイアウトしたプリントをA4サイズ超の3面台紙にいれました。
もっと詳しく
ご主人との思い出を一冊に
+

ご主人との思い出を一冊に

ハンサムだったご主人のベストショットを選び、思い出の品の写真と合わせて編集・制作させていただきました。
もっと詳しく
捨てられないカセットテープを整理
+

捨てられないカセットテープを整理

若かりし頃に東南アジアを放浪しながらコレクションしたカセットテープの整理をお手伝いしています。 現在、写真集を制作していますので順次公開していきます。
もっと詳しく
中華飯店「天清」
+

中華飯店「天清」

ビルに建て替えのため、古い店舗兼自宅を撮影させていただきました。
もっと詳しく
手作り皮革製品店「弁天」
+

手作り皮革製品店「弁天」

引っ越しのため、店舗内を360°パノラマで記録させていただきました。 新店舗に、↓の写真プリント(A2)を額装・展示しています。 天地左右どこでも見られる「動くパノラマ」はこちらから。画面...
もっと詳しく
銭湯「玉の湯」の記録
+

銭湯「玉の湯」の記録

年々少なくなる銭湯の一つ「玉の湯」の記録です。 「玉の湯」は2006年にマンションkstamaへの建て替えのため取り壊しが始まりました。 タイルのモザイク画や絵入りガラスなどは特に往時を忍ばせ...
もっと詳しく
ブログページに移動する

写真で思い出をつなぐ

実家に残された家族アルバムを何とかしたい! という想いから、
私たちはこの事業を始めました。
経験豊かな写真家、レタッチャー、編集者、デザイナーがタッグを組み、
一人一人の思い出を次世代につなげるお手伝いをしています。
「ちいさな伝記」とは?



関連事業

「ちいさな伝記」の関連事業として、写真スタジオとVRパノラマ撮影を行っています。

写真スタジオ「写真道場」

川崎市、武蔵小杉の隣街、新丸子に写真スタジオ「写真道場」があります。

人物撮影をメインに行う写真館として営業しています。
今年創立25年を迎えます。
webサイトはこちら




「写真道場」

川崎市新丸子東1-825-101
東急東横線 新丸子駅 東口 徒歩2分
/fax:044-433-7212

「ちいでんのVRパノラマ」

VRパノラマの撮影とオーサリングを行っています。
webサイトはこちら


▲マウスで画面を動かし、ダブルクリックでその場所を拡大できます。